BLOG  日々のことごと

納豆パッケージをつくる授業

今日は7月10日、「納豆の日」です。

納豆といえば、やっぱり水戸ですね。

私は納豆は苦手ですが、唯一水戸納豆だけは食べられます^^

そんな水戸市民に親しまれる納豆をモチーフに、

デザインの授業で納豆パッケージをつくるという課題を出しました。

(ちなみに文化デザイナー学院の非常勤講師をやらせていただいてます)

水戸市柳町(通称下市)に工場と直売所をもつ天狗納豆(株)様にご協力いただき、

おみやげ用の「わら納豆」と、普及用「パック納豆」のパッケージをデザインすることとしました。

食卓によくでる納豆ですが、意外とよく知らないですよね。

天狗納豆(株)の社長様から納豆の歴史・作り方などをご説明いただき、

学生思い思いのパッケージを仕上げてもらいます。

講師を務めるのはまだ2年ですが、学生達の発想には驚かされることが多いです。

確かに私たちの時代から比べればおとなし目には見えますが、

他の世代には無い光るものは確実にあり、それは大事にしたいと思います。

どんなパッケージが仕上がるか、非常に楽しみです☆

vangraphics|ヴァングラフィックス

〒310-0021 茨城県水戸市南町2-6-21

TEL|029 355 4263

© 2019 vangraphics

  • 猫ギャラリー_アイコン_
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle